最低買取保証は当たり前! 「無料(0円)で引き取ります」に騙されるな!


https://sendai-kurumakaitori-happycars.jp/slide_sp002/

 

「近くの車屋に車を査定に出したら、買取価格0円と言われた」

「もうスクラップにするしかないので0円で処分しときますよ」

確かに、相当長期間乗った車、走行距離が15万キロを超えているような車、事故を起こした車等の場合、0円と言われても仕方ないな・・と思ったりしませんか。

逆に、処分するのにお金がかかるのでは、と思っている方さえいると思います。

確かに、昔はどうしようもない車の場合、買取価格0円で処分しときます、ということも普通にありましたが、現在は違います。

最低買取保証」を行う業者が増えてきており、どんな状態の車であろうと、しっかり買い取り価格がつく時代なのです。

 

車のパーツや金属には価値がある!

走行距離が15万キロを超えていたり、事故を起こしてしまった車のような、一見価値がないように見える車も、実はそのパーツには価値があります。

例えば、ETC車載器、カーナビ、カーオーディオなどは取り外すだけで当然価値がありますし、タイヤやホイールなども価値が高いパーツの一つです。

さらに、エンジン、ドア、シート、マフラー、ハンドル、テールランプ、エアバック等、どんなパーツも、状態が良ければそれなりの価格で売却することができます。

そして、使えるパーツがなくなった車でも、フレーム等の金属が残っていれば、「金属買取業者」に売却することもでき、車に使われている金属の量は相当なものなので、すべて売却すれば普通に数千円~数万円という値段が付くものなのです。

日本で下取りされる車は、海外の方からみればまだまだ乗れる状態のものが多く、海外に運ばれて普通に走っていますが、たとえもう走れなくなった車だったとしても、解体され、使えるパーツは普通に売られたりもします。

如何なる状態の車であっても、車には一定の価値があるということは是非覚えておきましょう。

 

「無料(0円)で引き取ります」に騙される理由

如何なる状態の車であっても価値があるからこそ、最低買取保証というものが存在するのですが、その存在を知らない方は、業者に言いくるめられて損をしてしまう可能性があります。

一番多いのは、

「通常ならば廃車費用がかかりますが、特別に無料で引き取りますよ」

などと、もう車には全く価値がないため通常なら手数料がかかる所を、今回は特別に無料で処分してあげる、といったニュアンスで言いくるめてくるパターンです。

この記事を読んで、最低買取保証というものがあることを知っていれば騙されることはないと思いますが、もし最低買取保証の存在を知らなかった場合、無料で処分しておく、と言われれば納得してしまう方が多いのです。

理由として、洗濯機や冷蔵庫などの家電などは、古いものだと処分料がかかるケースもありますが、それらと車を同じように見てしまう人が多いのだと思います。

ただ、先ほども述べていますが、如何なる状態であろうと、車には価値があるので、無料で渡してしまってはもったいないですし、処分料などもってのほかです。

 

最低買取保証金額の一例を紹介!

最低買取保証を行う業者には、期間限定のキャンペーンとして買取保証を行うケースと、期間指定なく、業者として常に買取保証を行っているケースがあります。

例えば、ガリバーやラビットなどの大手買取店は期間限定のキャンペーンとして買取保証を行うケースが多く、例えばガリバーの場合、「期間限定で如何なる状態の車であろうと3万円以上で買い取ります」といったキャンペーンを定期的に行っています。

一方、常に買取保証を行っている業者等は、排気量ごとに保証金額を定めているケースが多く、例えばサンコーオートの場合、以下の最低買取保証金額を定めています。

 

サンコーオートの最低買取保証金額

普通車(排気量3000cc以上)一律20000円
普通車(排気量2001~3000cc) 一律15000円
小型車(排気量1501~2000cc) 一律10000円
小型車(排気量1500cc以下) 一律5000円
軽自動車 一律3000円

※廃車を前提としており、自動車税は主税局から、自賠責は保険会社から返還されます。

 

常に最低買取保証を行っている業者に比べて、期間限定キャンペーンの買取保証のほうが、保証金額は高い傾向にあります。

 

中古車売却時の目標はあくまで高額査定!

それでは、状態の悪い車を売るときは最低買取保証を行っている店に売ればよいのでしょうか。

もちろん、明らかに廃車寸前の車の場合はそれも悪くはないのですが、せっかくならばさらに高く売ってしまいましょう。

ポイントは、自分が売却可能な業者の最低買取保証金額を予め把握し、出来ることならば査定を受けておくことです。

例えば、ラビットで3万円以上の買取保証キャンペーンを行っていた場合、先にラビットで査定を受けておけば、必ず査定額は3万円を超えます。

そして2社目以降は、査定前に、

「ラビットで3万円の査定がついたのでそれ以上で買い取ってほしい」

といえば、それ以上の査定額を引き出すことができるのです。

 

無料一括査定でまとめて査定をしてしまおう

手っ取り早いのは、最低買取保証金額の査定を受けたうえで 、あとは無料一括査定にてまとめて査定をしてしまうことです。

(時間が惜しい場合は、最低買取保証のキャンペーン金額を把握し、一括査定を受けるだけでも十分)

当サイトが推奨する「かんたん車査定ガイド」は、一度に最大10社から査定を受けることができ、悪徳業者は一切いませんので、安心して高額査定を狙うことができます。

そして、(期間限定でも良いので)最低買取保証金額を知っていれば、かなり強気の交渉ができるはずです。

「無料(0円)で引き取ります」といったような騙しにはまず引っ掛かりませんし、査定時に最低買取保証金額を予め伝えておけば、買取を希望している業者はそれ以上の金額を提示せざるを得ません。

最低保証金額を設定する業者を上手く使うことで、たとえ廃車寸前のポンコツでも、予想以上の高値で売却できる可能性は十分にありますので、特に状態の悪い車の売却を検討している場合には必ずチェックしておきましょう。


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ