MENU

車を取得したときにかかる自動車取得税

%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e5%8f%96%e5%be%97%e7%a8%8e
<出典 :http://www.smart-jp.biz/workpaper.html>

自動車取得税は、自動車の取得時に取得価格が50万円を超えた場合、都道府県に対してに支払わなければいけない税金です。

自動車の取得時には別途消費税を支払わなければならず、以前から2重課税であるといった批判があり、2019年10月の消費税10%への引き上げの際に廃止されることが決まっています。

身体障害者等が自動車を取得する場合や、身体障害者の通院等に使用するために自動車を取得する場合は、多くの都道府県で減免処置が取られています。

自動車取得税の計算方法

自動車取得税は取得価格が50万円以下の場合には非課税で、50万円を超えたものに対しては以下の税率が適用されます。

自動車取得税の税率
種類税率
自家用普通自動車取得価格の3%
自家用軽自動車取得価格の2%
営業用自動車取得価格の2%

ポイントとして、自動車の取得価格というのは実際に自動車を購入する際に支払った金額ではありません。

自動車の取得価格は、

取得価格 = ( 課税標準基準額 + 一部オプション費用 )× 残価率

で計算されます。 

まず課税標準基準額とは、(財)地方財務協会が発行している「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」に記載されている金額のことで、おおよそ車両本体価格の90%程度と言われていますが、正確に知りたい場合は自動車税事務所に電話で確認をしましょう。

一部オプション費用は、新車購入時にオプションとして装備し、自動車と一体となったものの価格で、例を挙げると、カーナビ、カーオーディオ、エアロパーツ、エアコンなどが対象です。

フロアマットや、標準工具、スペアタイヤ、タイヤチェーン、シートカバー・ボディカバー、洗車用具などは対象ではありません。

また中古車を購入した場合にはこのオプション費用は含まれません。

そして残価率は、新車登録時からの経過年数に応じた係数で、以下の表に基づいて計算します。

自動車取得税の残価率表
経過年数自家用普通自動車自家用軽自動車
新車時1.01.0
1年0.6810.562
1.5年0.5610.422
2年0.4640.316
2.5年0.3820.237
3年0.3160.177
3.5年0.2610.133
4年0.2150.100
4.5年0.1770
5年0.1460
5.5年0.1210
6年0.1000
6.5年00

自動車取得税の計算例

例えば、課税標準基準額が200万円の自家用普通自動車にオプションとして10万円のカーナビを取り付け、新車で購入した場合の計算してみます。

取得価格=(200万円+10万円)×1.0=210万円

自動車取得税=210万円×0.03=63000円

となります。

次に、課税標準基準額が200万円の自家用普通自動車で、新車登録時から2年が経過した中古車を購入した場合の計算をしてみます。

取得価格=200万円×0.464=92.8万円

自動車取得税=92.8万円×0.03=27840円

となります。

最後に、課税標準基準額が150万円の自家用軽自動車で、新車登録時から2年が経過した中古車を購入した場合の計算をしてみます。

取得価格=150万円×0.316=47.7万円

この地点で取得価格が50万円を下回っているため、この軽自動車の自動車取得税は非課税となります。

おすすめの一括査定

車を高く売るならば、安心と実績の一括査定、「カーセンサー簡単ネット車査定」がおすすめです。

  • 買取業者は1,000社以上(業界No.1)
  • 最大30社への査定依頼
  • 一番高く買ってくれる会社がすぐにわかる
  • リクルートが運営し、安心と多くの実績
  • 最短90秒で申し込み完了
  • 連絡希望時間帯を記載可能

正直、今の時代一括査定を使わずに車を売るのは非常に勿体ないです。

車の状態はその個別性が強く、一社だけに車を持っていくと必ず買い叩かれます。

一括査定経由だと、買取店も相場からかけ離れた安い金額は提示してきませんし、その中でも一番高い金額のところに売ることができますので、まず買い叩かれることはありませんし、誰でも車を高く売ることができます。

以下がカーセンサー簡単ネット車査定の申し込み画面です。赤枠に連絡希望時間帯を記載することもできます。

複数社から電話がかかってくるのがどうしても嫌な場合、オークション形式での売却も可能です。

オークション形式の場合、かかってくる電話はカーセンサーのスタッフ(1回)だけです。

最大5,000社がオークション形式で車を入札、一番高い金額をつけた業者と交渉となります。

一括査定のほうが高く売れる可能性は高いですが、電話がどうしても嫌な方はこちらをご利用頂くこともできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

中古車販売店で10年以上の実績を持ち、
中古車業界の内情や車の値付けについて精通しています。

車を出来るだけ高く売るための方法をサポートします。

コメント

コメント一覧 (3件)

目次