新車と比べた際、中古車を選ぶメリット、デメリット


中古車販売店
<出典 : http://www.goo-net.com/usedcar_shop/1002108/stock.html>

車を買う時、まずは新車を買うのか、それとも中古車を買うのかを決めなければいけません。

新車と中古車のどちらが良いのかは一概には言えず、どちらもメリット、デメリットがあるので、人それぞれ重視するポイントによって決めれば良いでしょう。

本当は新車が欲しいけど、予算の関係で泣く泣く中古車にする方もいれば、「赤の他人が乗っていた車なんか絶対にいや!」といって初めから新車しか眼中にない方もいます。

重視するポイントは人それぞれですが、特に中古車を買う場合、買った後に後悔することがないよう、新車と比較した時のメリット、デメリットをしっかりと把握しておきましょう。

中古車のメリット

・価格が安い

中古車の最大のメリットは価格の安さです。

年式や走行距離、修復歴の有無などによっても変わってきますが、同じ車種なら新車の2割引~半額程度で購入できます。

新車を購入する場合と同程度の予算が確保できるならば、新車と比べて1~2グレード高いクラスの車を購入することもできます。

また、新車は購入して一度ナンバー登録をしてしまうと、そこからは中古車扱いとなって価格が大きく下がりますが、初めから中古車を買えば価格の大きな下落はあまりありません。

・すぐに納車される

新車の場合は受注生産が主となっており、契約してから製造が開始されるので、どうしても納車までに時間がかかります。

特にモデルチェンジ後間もない車種や超人気車種だと、半年~1年待ちというものもあり、今その車が欲しいと思っていても、納車された時には気分が変わっているかもしれません。

中古車の場合、今存在している車を売っていますので、名義変更の手続きさえ完了してしまえばすぐにでも乗ることができます。

ただしインターネットなどで購入して中古車が遠方にある場合は、輸送するための時間とコストがかかってきます。

・すでに販売が終了した車や稀少な車が見つかる

すでに販売が終了した車や、なかなか手に入らないような希少車が見つかるのも中古車市場の魅力です。

モデルチェンジ前の方がカッコよかったという方でも、中古車市場ならば購入することができますし、昔の憧れのスーパーカーも見つかるかもしれません。

ただし稀少な車はプレミア価格がついて逆に高額だったりもしますので注意が必要です。

・気軽な気分で乗れる

車種にもよりますが、中古車は新車に比べ、納車当日から比較的気軽の乗ることができます。

新車を購入したことがある方は分かるかもしれませんが、新車が納車されてきてしばらくは運転に相当神経を使います。

万が一新車をぶつけたり、コスってしまったりした時の精神的ダメージは計り知れません。

一方中古車は、始めから多少のキズが付いていますので、仮にぶつけてしまっても精神的ダメージは新車に比べて小さいのではないでしょうか。

中古車のデメリット

・すぐに故障したりと当たり外れが大きい

中古車は、以前のオーナーの乗り方やメンテナンス具合によって当たり外れがあります。

外れの中古車を掴まされると、すぐに故障して修理代が予想以上に高くついてしまうといったこともあります。

特に中古車を購入する場合は店選びが重要で、購入後のトラブルを避けるため、信頼できる販売店で購入しましょう。

・カスタマイズの幅が狭くなる

中古車は既に存在している車を購入するので、カスタマイズするには限界があります。

新車の場合に取り付けが可能なメーカーオプションも中古車では付けることができませんし、色などを塗装しなおすことも難しいでしょう。

中古車の購入は、自由なカスタマイズができず100%自分の希望通りの車にすることは難しいので、どこかしら妥協しなければいけない場合が多いです。

・車検までの期間が短い場合がある

新車の場合は初めての車検まで3年間ありますが、中古車の場合は最長2年、短ければ数ヶ月後に車検を受けなければいけない場合もあります。

車検時には部品の交換などで追加費用が発生する可能性がありますので、中古車購入の際は残りの車検期間を必ず確認しておく必要があります。


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ