都心と関越道はなぜ繋がっていない! 首都高の歴史から紐解く!



<出典 : http://blog.livedoor.jp/gootruck/archives/10095111.html>

首都圏から埼玉県や群馬県を通って新潟県へとつながる関越道は、交通の大動脈として日々多くの車が利用しており、全国的にも有名な高速道路です。

しかしながら関越道は都心を走る首都高速とつながっておらず、これは首都高速と接続する東名高速など他の大動脈との大きな違い一つと言えます。

では何故関越道が首都高速とつながっていないのか見ていきましょう。

関越道とは?


<出典 : https://www.instagram.com/p/Bj9eFqflmtI/?tagged=関越道上り>

関越道は正式には関越自動車道と呼ばれる高速道路で起点となる練馬ICから埼玉及び群馬両県を経由して新潟県の長岡JCTへ至っています。

日本でも屈指の交通量を誇る高速道路でお盆や年末年始など大型連休の大渋滞は風物詩であり、ニュースなどで取り上げられることで全国区の知名度を誇っていると言っても過言ではありません。

関越道の成り立ちには新潟県出身の田中角栄元首相が深く関係しており、首都高速とはつながっていませんが、近年開通した圏央道を経由して東名高速や中央自動車道とも直結しています。

東京から放射線状に伸びる首都高速と唯一接続していない高速道路も過去には直結する計画が存在していましたが未だ実現していません。

首都高速には幻の練馬線計画があった

1971年に練馬と川越間で開通した関越道ですが当時は東京川越道路という有料道路で、国道254号線川越街道のバイパス扱いであったため、東名高速や中央自動車道に比べ重要度ははるかに低いものでした。

また現在の首都高速5号線と接続している新大宮バイパスの方が重要度では関越道よりも高かったため直結に至らなかったとも言われています。

そんな関越道に首都高速と直結するチャンスがあったと言われているのが10号練馬線構想で、時の田中角栄首相が関越道を目白御殿(田中首相の住まい)まで繋げろと言った都市伝説までも生まれるほどでした。

10号線計画は関越道と接続するための計画ではなく元々存在した計画で、練馬区で外環道とつながる首都高計画でもあります。

10号練馬線と関越道接続計画の頓挫

現在の首都高速で10号線と言えば晴海線のことですが、この練馬線計画が実現していれば本当に目白御殿付近で関越道と首都高速が接続されるはずでした。

10号練馬線は5号線から分岐して目白通を進み関越道に接続する計画であったため、5号線の大渋滞を危惧した国は計画変更を余儀なくされます。

紆余曲折を重ね漂流しつづける練馬線計画は完全に着地点を失ったことで、現在は実現性の低いお蔵入りの状態として時間だけが過ぎ去っていくと言ってもよいでしょう。

計画が頓挫したため幻となっている首都高速練馬線計画ですが、国土交通省の首都圏整備計画では高速道路建設のための調査を推進するという形で計画が残っているのも事実です。

首都高速は練馬区の悲願?

東京都練馬区は2008年に首都高速練馬線の建設を国土交通省に要望していますが、2018年現在ではその要望が実現する可能性は極めて低いと言わざるおえません。

練馬線は中央環状線への接続が最後の望みとされていますが、接続への準備計画そのものが無いため、関越道と首都高速がつながることは夢のまた夢となっています。

東京23区内で最も道路整備が遅れて唯一首都高速が通っていない陸の孤島と揶揄される練馬区は、関越道の起点でもある練馬ICに是が非でも首都高速をつなげたいという願望があるのも頷けますね。

開通当初の関越道が東名高速同様に重要度の高い位置づけであったならば、首都高速の練馬線計画も早々に実現し関越道と首都高速がつながっていたかもしれません。

圏央道開通で首都高との接続は永遠に皆無?

最初の構想から80年以上といわれる圏央道が開通したことで、首都高速を通らずに東名高速と関越道が直結することになりました。

湾岸線から関越道を含む東北道までが圏央道で結ばれることとなるため、ドライバーにとっては時間短縮になり画期的な状況が生まれています。

圏央道の開通は関越道と首都高速が今後もつながる実現性が低いことに直接的ではないにしても間接的に影響しており、都心から関越道の練馬ICへ向かう場合には一般道を経由することになるため、下道の混み具合を考慮しなければならない状況はかわりません。

高速道路で唯一首都高速と接続していない関越道は、今後も今までと変わらぬ状態がつづくことでしょう。


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ