ソーラーカーの時代はやってくるのか


ソーラーカー
<出典 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8>

ソーラーカーは、太陽電池によって電気を作り、モーターを回することで走行する自動車のことです。

太陽からくる光のエネルギーを太陽電池によって電気エネルギーに変換し、自動車に搭載されているバッテリーに蓄電されたり、直接モーターを回して走行したりします。

太陽電池は車体表面に並べられ、なるべく太陽の光を効率よく吸収できるような研究が続けられています。

ただ克服すべき課題も多く、まだ実用化には至っていません。

ソーラーカーのメリット、デメリット

ソーラーカーのメリット

メリット 概要
①エネルギーは無限 太陽の光のみをエネルギーをするため、無限のエネルギーがあります。石油などのように枯渇の心配はありません。
②排気ガスを出さない ソーラーカーからは有害物質などの排気ガスは一切出ません。もし普及すれば環境汚染や地球温暖化の防止につながります。

ソーラーカーのデメリット

デメリット 概要
①不安定なエネルギー源 太陽の光をエネルギーとしているため、発電できる時間が太陽が上がっている昼間だけとなります。曇り、雨などの天候にも発電量が大きく左右されてしまい、エネルギー源としては不安定です。
②夜間に走行できない 夜間は太陽の光がないため、バッテリーに電力が蓄電されていない限りは走行することはできません。ただ夜間はライトなどでの消費電力が多く、バッテリーの電力で長距離を走行することは難しいのが現状です。
③太陽電池の変換効率が悪い 太陽電池はエネルギーの変換効率があまりよくないため、バッテリーに蓄電する場合かなりの時間がかかることがあります。

上記の通りソーラーカーには無限のエネルギーや排気ガスを出さないことなど、自動車の理想形ともいえる大きなメリットがある一方、晴れの日の昼間しか十分な発電ができず、地域、季節などによっては発電可能時間がほとんどないといったことにもなります。

蓄電池(バッテリー)による蓄電技術も進歩はしてきていますが、エネルギーの変換効率の悪さからなかなか思うように蓄電ができないといったこともあります。

ソーラーカーも研究は進んできてはいますが、電気自動車燃料電池車に比べて実用化にはまだ遠い状況です。

活発化するソーラーカーレース

現状、ソーラーカーは一般販売よりもソーラーカーレースに勝つために研究、開発をしている機関が多くあります。

ソーラーカーレースは、日本、アメリカ、ヨーロッパ、南アフリカ、オーストラリアなどの世界各国で開催され、さまざまな機関が開発したソーラーカーのタイムを競い合います。

太陽電池と反射材の総面積などの規定があり、各機関レース専用のソーラーカーを開発してきます。

ただ、レースを目的としたソーラーカーの開発ばかりが活発になり、一般販売を目的とするソーラーカーの開発はあまり進んでいないといった問題もあります。

今後は実際に乗ることができるソーラーカーの研究、開発も同時に進んでいくことを期待しています。


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ