トヨタ セーフティセンスPとCの違いとは! 搭載車種や機能も紹介


セーフティセンスP
<出典 : http://response.jp/article/img/2015/12/18/266400/993968.html>

トヨタ自動車は、2017年までにすべての車種に衝突安全パッケージを導入すると明言しています。

トヨタはこの衝突安全パッケージを「セーフティセンス」と名づけていますが、このセーフティセンスには現状、「セーフティセンスP」と「セーフティセンスC」の2つの種類があります。

PはプリウスのP、CはカローラのCとされており、セーフティセンスPが高機能版、セーフティセンスCが廉価版となっています。

では気になる機能の中身を紹介していきます。

セーフティセンスPの機能一覧

  1. プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)
  2. レーンディバーチャーアラート(ステアリング制御機能付)
  3. オートマチックハイビーム
  4. レーダークルーズコントロール(ブレーキ機能付/全車速追従機能付)

セーフティセンスCの機能一覧

  1. プリクラッシュセーフティシステム(衝突回避支援型)
  2. レーンディバーチャーアラート
  3. オートマチックハイビーム
  4. 先行車発進告知機能

セーフティセンスは上記機能のパッケージとなっていますが、基本的にはセーフティセンスCに比べてPのほうが機能は上です。

以下より具体的な違いをみていきましょう。

プリクラッシュセーフティシステム

<出典 : http://toyota.jp/information/campaign/anzen_anshin/tss/p/pcs/>

プリクラッシュセーフティシステムは、車に搭載されたレーダーとカメラによって、衝突の危険性があると判断した場合、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキの三段階で衝突を回避、軽減する機能です。

先行車を検出して衝突の可能性があると判断した場合は警報を鳴らし、衝突の可能性が高いと判断した場合はブレーキアシストが働きます。

そしてブレーキが踏めず、衝突が避けられないと判断した場合は自動ブレーキ(プリクラッシュブレーキ)が働き、衝突を軽減します。

プリクラッシュセーフティシステムはセーフティセンスPとCのどちらにも搭載されていますが、性能が以下のように異なります。

プリクラッシュセーフティシステムのセーフティセンスPとCの違い

項目 セーフティセンスP セーフティセンスC
レーダー ミリ波レーダー レーザーレーダー
車に対する自動ブレーキ 10km/h~最高速度で作動 10km/h~80km/hで作動
車に対する衝突回避 先行車との相対速度が40km/h以下 先行車との相対速度が30km/h以下
歩行者に対する自動ブレーキ 10km/h~80km/hで作動 作動しない
歩行者に対する衝突回避 歩行者との相対速度が30km/h以下 作動しない

大きな違いは搭載しているレーダーが違うということで、セーフティセンスPのミリ波レーダーは歩行者を検知することができる一方、セーフティセンスCのレーザーレーダーは歩行者を検知することができません。

万が一歩行者が飛び出してきた時などのことを考えると、セーフティセンスPの歩行者に対する自動ブレーキはとても頼もしいと思います。

また車に対する自動ブレーキも、セーフティセンスPでは最高速度まで対応しているのに対し、セーフティセンスCでは80km/h以下しか対応していません。(警報は80km/h以上でも対応)

プリクラッシュセーフティシステムに関しては、セーフティセンスPの方が断然優れているといってもよいでしょう。

レーンディバーチャーアラート

<出典 : http://toyota.jp/information/campaign/anzen_anshin/tss/p/lda/>

レーンディバーチャーアラートは、道路上に引いてある白線(黄線)を認識し、車線逸脱の危険をドライバーに知らせるシステムです。

ウィンカーが出ていない状態で車が車線を逸脱する可能性があると認識した場合、ディスプレイとブザーによってドライバーに注意喚起を行います。

レーンディバーチャーアラートもセーフティセンスPとCのどちらにも搭載されていますが、セーフティセンスPにはステアリング制御機能が付いています。

ステアリング制御機能は、幅3m以上の車線を50km/h以上で走行時に作動し、車線が逸脱しそうだと判断した場合にステアリング操作をサポートすることで車線の逸脱を回避しやすくします。

オートマチックハイビーム

<出典 : http://toyota.jp/information/campaign/anzen_anshin/tss/p/ahb/>

オートマチックハイビームは、対向車などのライトを自動で認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能です。

30km/h以上で作動し、対向車のライトを検知すると自動でロービームに切り替わり、対向車とのすれ違いが完了すると自動でハイビームに切り替わります。

夜間などに歩行者を素早く見つけるためにハイビームは使いたいけれど、対向車が来るたびに切り替えるのが面倒だという方にはとても重宝しますね。

オートマチックハイビームもセーフティセンスPとCのどちらにも搭載されていますが、この機能に関してはどちらも同性能です。

レーダークルーズコントロール

<出典 : http://toyota.jp/information/campaign/anzen_anshin/tss/p/lcc/>

レーダークルーズコントロールは、設定した速度で定速走行をしたり、ミリ波レーダーによって先行車との車間距離を一定に保ちながら追従走行ができる機能です。

この機能はセーフティセンスP限定で、セーフティセンスCには搭載されていません。

高速道路などで非常に役立つ定速走行ですが、さらに自動減速、自動追従、自動加速、自動停止のすべての機能が備わったスグレモノで、長距離運転の疲労軽減、事故防止に大いに貢献してくれることでしょう。

先行車発進告知機能

<出典 : http://toyota.jp/information/campaign/anzen_anshin/tss/c/car/>

先行車発進告知機能は、先行車が発進した事を告知する機能です。

先行車が発進した時にディスプレイで表示をし、先行車との車間が4m以上離れても自車が止まったままであると判断した場合にブザーで警告をします。

この機能はセーフティセンスC限定で、セーフティセンスPには搭載されていません。

セーフティセンス搭載車種一覧

2016年12月現在セーフティセンスP、セーフティセンスCの搭載車種を以下に記します。

セーフティセンスPの搭載車種

  • プリウス
  • ランドクルーザー
  • クラウンアスリート
  • クラウンマジェスタ
  • クラウンロイヤル
  • マークX

セーフティセンスCの搭載車種

  • アクア
  • ヴィッツ
  • スペイド
  • ポルテ
  • カローラアクシオ
  • カローラフィールダー
  • オーリス
  • アベンシス
  • シエンタ
  • ノア
  • ヴォクシー
  • エスクァイア
  • エスティマ
  • エスティマハイブリット
  • アリオン
  • プレミオ


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ