離婚により、車が財産分与の対象になった場合はどうすればよいか!



<出典 : http://shisan-hozen.com/zaisanbunyo/zaishanbunyo-car.html>

離婚をする時に大きな問題となるのが財産分与です。

離婚が決まった時というのは、お互い顔も見たくないという場合も多いですが、後々のトラブルを避けるためにも、財産分与や慰謝料についての取り決めはしっかりとしておくべきでしょう。

そこで今回は、離婚時の車の財産分与についてを考えてみます。

車といっても、夫婦で持っていた車が必ずしも財産分与の対象となるわけではありません。

財産分与の対象となるのは、「結婚後に夫婦のお金で購入した車」のみとなります。

結婚後に二人で築いたお金は共有財産と呼ばれ、これらはすべて財産分与の対象となるのです。

逆に、財産分与の対象とならないのは、

  • 結婚する前から持っていた車
  • 結婚する前にどちらか一方が貯めていたお金で買った車
  • どちらか一方の親に買ってもらった、もしくは相続した車

です。

これらは特有財産と呼ばれ、夫婦で築いた財産とはみなされないため、財産分与の対象にはなりません。

車を財産分与する手順

車が財産分与の対象だと分かったら、まずその車の現在の評価額を調べる必要があるので、買取店で査定をしてもらいましょう。

どの買取店に頼めば良いか分からない場合、インターネットの無料一括査定を使い、電話やメールの対応が良かった業者に査定してもらうと良いでしょう。

車の評価額が分かったら、車を売却して現金を二人で分けるか、どちらか一方が乗り続けるかを決めます。

車を売却して現金を二人で分ける場合

車を売却して現金にする場合、分配額は話し合いで決めましょう。

結婚後に貯めた貯金で車を買った場合は、どちらの名義の貯金で購入していたとしても、分配額は原則1/2ずつです。

お互いの独身時代の貯金からお金を出し合って車を買っていた場合は、買った時に出した金額の比率をそのまま適用するのが一番公平でしょう。

例えば、新車で200万円の車を買い、夫が150万円、妻が50万円を出していたとします。

売却価格が40万円だとすると、夫が30万円、妻が10万円を受け取ります。

離婚後もどちらか一方が乗り続ける場合

離婚後もどちらか一方が乗り続ける場合、車をもらう方が、相手の分の所有権を買い取る方法が一番公平です。

所有権が1/2ずつで査定額が40万円、夫が離婚後も車に乗り続ける場合は、夫が妻に20万円を支払います。

お互いの独身時代の貯金からお金を出し合って車を買っていた場合は、買った時に出した金額の比率をそのまま所有権の比率とします。

新車で200万円の車を、夫が150万円、妻が50万円を出して買っていたとしたら、夫の所有権が3/4、妻の所有権の1/4となります。

査定額が40万円の場合、離婚後に夫が車を乗り続けるならば、夫が妻に10万円を支払い、妻の分の所有権を買い取ります。

逆に、妻が車を乗り続けるならば、妻が夫に30万円を支払い、夫の分の所有権を買い取ります。

もちろん、夫名義の車を妻が乗り続ける場合などは、名義変更の手続きを忘れてはいけません。

車にローンが残っていた場合の財産分与!

やっかいなケースは、財産分与の対象となる車のローンがまだ残っている状況です。

ローンが残った車を売却する方法」でも解説していますが、ローンを完済するまでは、その車の「所有者」はお金を貸してくれたディーラーやローン会社のものです。

ローンを返している人はあくまで「使用者」で、車にローンが残っている間は、「所有者」、および「使用者」の名義を勝手に変更することはできません。

よって、例えば夫名義でローンを借りている場合、離婚後に妻が車に乗り続けようと思っても、名義変更をすることができないのです。

夫名義の車を妻が乗り続けていくこともできなくはありませんが、自動車税の請求が夫の所へ来たりと、後々トラブルになりかねないのでおすすめはできません。

やはり、もし夫名義でローンを組んでいた場合、夫がそのまま乗り続ける(ローンは夫が支払っていく)か、車を売却し、ローンを完済するのが良いでしょう。

ただし、車の売却価格よりもローン金額の方が多い場合、売却時に差額の現金を用意しなければいけませんので、これから離婚をしようという夫婦にとっては手痛い出費になります。

現金の出費を極力防ぐために、一括査定などを利用し、なるべく高く車を売れる努力をしましょう。


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ