外車(輸入車)を新車で購入する時に知っておきたい注意点!



<出典 : http://www.carsensor-edge.net/intro/volkswagen__polo/>

外車(輸入車)は、一度は保有してみたいと考えている方も多く、近年は売上も徐々に伸びてきています。

昔は、外車=高級車というイメージが強く、一般の方々はなかなか手が出せなかったのですが、近年は比較的低価格帯の外車も増えてきました。

ただ、国産車を購入する時に比べ、外車を購入する時には知っておきたい注意点がいくつかありますので、外車の購入を考えている方は参考にしてみてください。

外車には正規輸入車と並行輸入車がある

まず、日本で売られている外車には大きく分けて2種類があり、それが正規輸入車並行輸入車です。

正規輸入車はその名の通り、外車メーカーと販売契約を結んだ正規ディーラーを通して販売されているもので、メーターやナンバープレートの位置などが日本仕様になっています。

ハンドルも一部の車種を除いては右ハンドルのものが多く、トランスミッションはオートマが主流です。

メンテナンス等もディーラーが責任を持って対処してくれますので、安心して購入することができます。

一方並行輸入車は、外車メーカーと販売契約を結んでいない輸入業者が直接海外から車を仕入れてきたものです。

正規ディーラーよりも安く車を手に入れることができるだけでなく、正規ディーラーでは手に入らないグレードや仕様の車が手に入るということが魅力です。

ただし、基本的に正規ディーラーでのメンテナンスなどを受けることができず、車が故障した時、部品を直接海外から仕入れなければいけないため、修理代などが高くつきます。

また、日本で型式を取得できないため、リセールバリューは相当低くなってしまいます。

これらより、欲しい車種やグレードが並行輸入でしか手に入らないといったことがない限り、基本的には正規のディーラーで正規輸入車を購入しましょう。

外車は国産車に比べて維持費が高くなりやすい

次に、外車は国産車に比べて、10~30%程度維持費が高くなると思っておいたほうが良いです。

なんだかんだいっても国産車(日本車)の品質は世界トップクラスで、それと比べるとどうしても外車は壊れやすいです。

そして仮に車が故障し、修理しなければいけなくなったとき、部品を本国から取り寄せなければいけない、などの事態が発生してパーツ代が割高になったり、日本ではあまり使われていないような特別な技術が使われていて工賃が割高になったりします。

さらに、ガソリン代も余計にかかります。

そもそも日本車に比べて燃費が悪い車が多いということもありますが、外車はレギュラーではなくハイオク仕様の車がほとんどだからです。

(参考 レギュラー、ハイオク、軽油の違いとは!

維持費の高さは家計にボディブローのように効いてきますので、購入する前にしっかり維持できるかも考えなければいけません。

外車は国産車に比べて査定額が低くなりやすい

最後に、日本で外車を売る場合は、どうしても査定額が低くなってしまい、国産車に比べて安く手放さなければいけない場合が多いです。

ディーラーや買取店は、下取り(買取り)した車をすぐにオートオークションへ転売することが多いですが、意外なことに、外車は国産車に比べて流通量が極端に少なくなっています。

外車は流通量が少ない、かつ需要が少ないため、オークションでの相場が安定せず、下取り(買取)額によっては赤字が出てしまう可能性もあるのです。

ディーラーや買取店としても、損をするリスクのある車を高値で下取り(買取り)するわけにいかないため、どうしてもリセールバリューは低くなってしまいます。

(参考 新車を購入する時は、リセールバリューの高さを意識することも大切

とはいえ、中には外車の買取に力を入れている買取店もありますので、外車を売る時は無料一括査定を使ってそのような業者を探すことが重要です。

外車が好きならば一度は乗ってみたい!

これまで、外車を新車で購入する時の注意点として、外車のデメリットばかりを挙げてきましたが、当然外車には外車の良さがあります。

特にドイツ車を中心とした欧州車は、アウトバーンを超高速で走っても車が左右に振れないように走行安定性が抜群に高く作られていますし、ボディの作りが頑丈で安全性も極めて高くなっています。

デザインも国産車にはない個性的なものが多く、欧州の有名メーカーのデザインは世界的に見ても評価が高いです。

確かに、外車に乗ることによって多少余分なお金はかかるかもしれませんが、外車が好きで少しでも憧れがあるならば、コスト以上の価値はあります。

新車はそう何度も購入できるわけではありませんので、もし外車に対して少しでも思いがあるのならば、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ