燃費が良くなる走り方まとめ エコドライブでガソリン代を節約しよう!


ガソリン代も家計に負担となる現代社会ですが、車は生活に無くてはならないものとして多くの方が利用しています。

ハイブリッドカーに代表されるエコカーが人気の今、さらに燃費を向上させてガソリン代を節約しようと日々奮闘されているのではないでしょうか?

エコドライブで低燃費が実現できる走り方をまとめてみました。

アクセルはゆっくり!急発進は厳禁!


<出典 : https://www.instagram.com/p/BYyiP41F4vf/?hl=ja&tagged=>

アクセルワークが燃費を左右することはよく知られていますが、中でも発進時に踏み込むアクセルの強さは燃費に多大な影響を及ぼしています。

特に市街地では消費する燃料の約4割は発進時に使われているため、同じ車でもドライバーの癖によってかなり燃費が変わってきます。

燃費を最も良くする理想は発進後5秒で時速20キロ位とされており、滑らかにアクセルを踏むのがおすすめです。

グッと踏み込んでエンジン回転数を上げ急発進するのは燃費にとっては致命的で、徐々に加速していくことが重要ですね。

ガソリンの消費量を少しでも減らすことができれば低燃費だけでなく環境に優しいエコドライブも実現できるので実践してみてください。

発進時のアクセルワークはエコドライブの基本中の基本とも言えます。

車間距離も十分にとれば低燃費実現!


<出典 : https://www.instagram.com/p/BYPb3RFhFgz/?hl=ja&tagged=>

燃費を気にしないレースでのテール・トゥー・ノーズはまだしも、一般道でそんな事をしたら燃費どころか事故の危険を伴いますので、低燃費を心がけるのであれば前の車との車間距離を十分にとることがおすすめです。

これは燃費が悪くなる要因の減速や加速を極力抑えることで燃費が向上するためで、不必要なガソリン消費はできるだけ少なくしたいものです。

惰性走行やエンジンブレーキで長い距離を走行するほど燃費は良くなる傾向なため、車線の混雑状況を考慮しながら実践してみてくださいね。

また車間距離に余裕があればドライバーの心理にも好影響を与え、結果燃費だけでなく安全運転にも貢献ができます。

今すぐ実践して燃費の向上に効果ある手段の一つです。

アイドリングストップで燃費向上


<出典 : https://www.instagram.com/p/BYanBIzgWJl/?hl=ja&tagged=>

駐停車時の不必要な燃料消費を防ぐためのアイドリングストップは、こまめに気にして実践することで低燃費を実現することが可能です。

店舗や駐車場ではアイドリング禁止の張り紙を貼ってあることがありますが、エコドライブと燃費向上に役立つ張り紙だと解釈すれば気持ち良いですね。

現在発売中の車はアイドリングストップ機能が標準で装備されたモデルも多々あり、自らエンジンを停止させる必要がなくなっています。

各自動車メーカーともにアイドリングストップ機能はエコドライブに役立つ機能として装備することに積極的です。

10分間のアイドリングで燃料を130cc消費すると言われており、待ち合わせや荷物の積み下ろし時には積極的にエンジンを切ることも大切ですね。

タイヤの空気圧をこまめにチェック!


<出典 : https://www.instagram.com/p/1OMRUTyz-r/?hl=ja&tagged=>

低燃費を考える時にタイヤの空気圧って忘れがちではありませんか?

車が唯一地面と接地するタイヤは、空気圧の高い低いによってガソリン消費量にかなり影響すると言われています。

初心者の方は車の適正な空気圧がわからないのですが、そんな時はダッシュボード内に収納されている取扱説明書を確認してみてくださいね。

各車適正値はまちまちですが、一般道の空気圧や高速走行時の空気圧が記されており、誰でも愛車の空気圧を簡単に把握することができます。

空気圧をチェックし足りない分を充填するには、ガソリンスタンドやカー用品店に設置してある空気圧計を利用すれば無料で充填が可能です。

低燃費を目指すなら車の足元もしっかりチェックしてみてください。

荷物は最小限!車はできるだけ軽くしよう


<出典 : https://twitter.com/mazparts/status/906472468755435521>

ゴルフバッグの積みっぱなしや物置代わりのトランクでは低燃費の実現は難しくなります。

使わない物や運ぶ必要のない荷物はトランクから降ろして車の軽量化を図ることで、目に見えるように燃費が改善します。

8kg相当のゴルフバッグを積みっぱなしにしていると200km走行することで0.05Lのガソリンが無駄に消費されると言われており、たとえ微々たる量だと思っていても積み重なることでかなりのガソリンを無駄に使ってしまいます。

荷物を積んで車重が増えると、燃費だけでなく加速性能やハンドリングなど全てに影響を及ぼす可能性があるので注意してくださいね。

低燃費を目指すなら荷物は最小限にして車がスムーズに走行できる状態を作ってあげるのもドライバーの役割の一つです。

夏場のエアコン&定期メンテナンス


<出典 : https://www.instagram.com/p/BY8Qb-sHmI1/?hl=ja&tagged=>

エコドライブと低燃費に欠かせない要素の一つに夏場のエアコンが挙げられます。

コンプレッサーをフル回転させ車内をガンガン冷やせばその分燃費が悪くのは明らかです。

燃費向上にはエアコンで冷やしすぎないことが鉄則で、特に坂道などではエアコンスイッチをオフにすることでガソリンの消費量を抑えることができます。

また愛車の定期メンテナンスは燃費を良くするためにも重要で、常に良好な状態を保つことでエコドライブを楽しめます。

オイル交換やタイヤローテーションなど細かい工程の積み重ねが車の状態を良くし、結果低燃費につながるため定期的なメンテナンスはしっかり行うことを心がけてくださいね。

以上燃費が良くなる走り方を紹介しました。

低燃費走行のコツをしっかりと掴めば普段以上にエコドライブを楽しむことができ、ガソリン代も節約できるためドライブや行楽を満喫できますね。

さらに燃費向上を目指してみたりすることで、自然に環境への意識も高まり地球に優しい活動を個人で実践することも可能です。

この機会にエコドライブに興味を持ってみるのもいいですね。


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ