家計見直しの際は、持っている車が本当に必要か、適切かを考えよう



<出典 : https://manesto.com/871>

消費税増税などの影響により、家計が苦しくなってきている今日この頃、なかなか思うように貯金ができていないことなどから、家計を再度見直そうという家庭が増えてきています。

見直すといっても、食費、光熱費、居住費、保険料、通信料など、さまざまな分野があり、どこを削って良いのかは悩ましいところです。

基本的に家計を見直す際は、毎月定期的にかかる固定費を削減するのが良いとされており、例えば、家賃の安いアパートへ引っ越す、持っている携帯を格安スマホに変更する、過剰な生命保険に入っていないかを確認する、などが王道です。

そしてもう一つ、家計の見直しに絶対に欠かせないのが「車」です。

よく、車は金食い虫といわれることがありますが、ガソリン代、税金、保険料、駐車場代など、車というのはとにかくお金がかかります。

家計を見直す際は、今持っている車が本当に必要なのか、そして、ちゃんと身分相応の車に乗っているか、などを再度見直すことが非常に重要なのです。

いま持っている車は本当に必要!?

まず、いま所有している車が本当に必要なのかを考えてみましょう。

東京、大阪などの大都市圏に住んでいる方の場合、駐車場代が高い分、維持費は余計にかかりますし、通勤は電車という方も多いはずです。

平日にほとんど車に乗らない方は、車が必要になった時だけレンタカーを借りるほうが長い目で見ると安上がりになります。

(参考 転勤で東京に引っ越すことになった場合、車は持っていく?

夫婦で車を2台持っている場合も、本当に1台では足りないのかを再度考えましょう。

確かに、各々が車を持っている方が利便性は良いですが、ガソリン代、税金、保険料、駐車場代などが車1台分減ったときの家計へのインパクトは絶大ですので、検討する価値はあります。

(参考 結婚して車が2台になった場合、1台は売るべきなのか

身分不相応の車に乗っていないか、買おうとしていないか

次に、今乗っている、もしくはこれから買おうとしている車が果たして自分たちの収入に見合ったものなのかを再度考えましょう。

独身時代に買った排気量の大きなスポーツカーなどを、結婚してからも乗り続けようとする方がいますが、この手の車は燃費が非常に悪く、ガソリン代がバカみたいにかかります。

さらに、自動車税は、排気量によって税額が大きく異なり、当然排気量の大きな車は税金が高くなります。

また、これから車の購入を考えている場合、収入に見合ってないような高額な車を自動車ローンを組んで買ってしまうと、後になって自分たちの首を絞めることになりかねません。

自動車ローンを組むこと自体が悪いことではありませんが、ローンはあくまで借金であるという認識を持ち、無理なく返していける金額の車に抑えることが重要です。

(参考 自動車ローンを組むときは必ずシミュレーションを行う

過剰な自動車保険に入っていないかも見直す

車について見直しを行うならば、ついでに今入っている自動車保険(任意保険)についても見直してみましょう。

例えば、全国に店舗を構えているような大手代理店型自動車保険に加入している方は、店舗を持たないダイレクト型自動車保険に乗り換えることで保険料を抑えることができます。

近年はダイレクト型自動車保険も保証が充実していますし、ロードサービスが付いている場合はJAFへの加入を見直すこともできます。

(参考 代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険のメリット、デメリット

また、車両保険についても見直しができるかもしれません。

車両保険は事故の際自分の車を補償するものですが、保険料が高めなので、走行距離が多くなってきている車や、年式が古くて価値が低い車などは、思い切って車両保険を外す決断も必要です。

車両保険には一般車両保険の他に、単独事故を保証しない「エコノミー+限定A」などの安価なプランもありますので、自分が乗っている車の状態や価値によって判断すると良いでしょう。

(参考 車両保険は必要? おすすめの車両保険のかけ方

車を手放す、もしくは乗り換えるならば無料一括査定を使おう!

車を手放す、もしくは維持費の安いコンパクトカーや軽自動車などに乗り換える場合、今持っている車は少しでも高く売却したいですね。

車を売る時はガリバーなどの買取店へ直接持って行っても良いですが、できることならば複数の買取店で査定をしてもらい、一番高い査定額をつけてくれた業者に売るのが良いです。

(参考 車を高く売りたいなら、複数社に査定をしてもらうことが大切!

少ない手間で複数社に査定をしてもらうには、やはりインターネットの無料一括査定がおすすめで、手っ取り早く高額買取をしてくれる業者を見つけることができます。

車をどこに売るかで数十万円の価格差がでることもありますので、売った車が少しでも家計の足しになるよう、高い査定額を出してでもあなたの車を一番欲している買取業者に売却しましょう。


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ