土日しか車を使わない場合、思い切って車を手放すのも選択肢!



<出典 : https://jp.sputniknews.com/life/201710064156326/>

車社会の現代においては仕事やプライベート問わず何処へ行くにも車を利用する人も多いですが、反面週末の土日しか車を使わないという人も案外いるものです。

そんな土日だけ車を使う人が日々考えるのは、思いのほか費用がかかる車の維持費であり、断捨離よろしく思い切って愛車を手放すのも生活の知恵かもしれません。

車を手放すメリットは?

長年使用し続けた愛車を手放すには思い切った決断が要るとともに、車が手元に無いライフスタイルへの切り替えが必要になります。

公共交通機関が発達していたりレンタカーやカーシェアリングが身近に感じる都会ならまだしも、田舎暮らしでは車を手放さない方が得策と考えることも必然ですね。

メリット①:税金を支払わなくても済む

毎年発生する「自動車税」や車を購入した際に支払う「取得税」、そして車検の度に支払うことになる「重量税」は車を所有する以上必ず発生する税金です。
通常2.0Lの車を保有すると年間39,500円の自動車税が発生しかなりの出費となりますが、車を手放すことで税金の心配をする必要が無くなりますね。

メリット②:自動車保険代が浮く!

車が公道を走行するのに必ず必要な「自賠責保険」だけでなく万一事故に遭遇した際に加入する任意保険が必要なくなります。

メリット③:維持費で困ることが無くなる

車の維持費として真っ先に思い浮かぶのは車検や点検費用、ガソリン代やオイルなどのカー用品代で、積み重なると大きな金額となります。
また都会では家賃並みに高騰している駐車場代も頭を悩ませる要素の一つで、車を手放せばこれらの維持費が一切発生しないことは覚えておきたいですね。

車を手放すデメリットは?

日常の生活に欠かせない存在となっている車を手放したとき、新たなライフスタイルが定着するまでに起こりうる日常のデメリットはあるのでしょうか。

一人暮らしと子供を持つファミリーではデメリットの種類も違ってきますが、いざ手放すと慣れていないゆえに不便さを感じたりするものです。

デメリット①:買い物が不便になる

沢山買い物をしても車があれば積み込んで終わりですが、車が無い場合にはそうはいかないのが現状で手で持って運べる範囲の買い物しか出来なくなります。

デメリット②:行動範囲が限定されてしまう

遠出の気ままなドライブや穴場スポットなど車があることで限定されることが無かった行動範囲も、自由に行ける範囲が狭まり旅行などは鉄道などになってしまいますね。

デメリット③:モチベーションが下がる

人それぞれ気持ちの問題で目的がしっかりした状態で車を手放した場合にはそうではありませんが、経済的理由などで車を手放した場合には特に感じやすいデメリットです。

車を手放した後に車を利用するには

車を思い切って手放し新たなライフスタイルを手に入れた後でも運転免許を保有していれば車をドライブすることは可能で、たまにはドライブしたり旅行にでかけたりしたいものですね。

そんな時にはレンタカーを利用するのが便利で、12時間や24時間単位で希望車種を借りることができるため、憧れのスポーツカーでドライブなんてことも実現することができます。

身近な場所への短時間の用事や買い物などに便利なのがカーシェアリングで、あらかじめ利登録をしておけば何時でも予約して利用できるのが魅力的ですね。

カーシェアリングはコインパーキングの一角に車が用意されていることが一般的で、オリックスやタイムズが積極的に事業展開しています。

車を持たない生活を楽しもう

車ありきの生活から開放されることで今までできなかったことが体験できたり色々な手段で目的地に出向いたりと、新しい生活を始めるにも車を手放すことは有効的です。

一人乗りモビリティを借りて観光地の細かいところまでとことん楽しんでみるのもおすすめで、自分なりの楽しみ方を構築してみるのはいかがですか。


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ