チャイルドシートの選び方まとめ! 人気商品や注意点など!



<出典 : https://item.rakuten.co.jp/netbaby/10006522/>

子供のいる家庭では必需品となるチャイルドシートですが、似たような商品の中から最適な商品を選ぶのも悩むところです。

数万円はする決して安くはないチャイルドシートは、購入する際には後悔することなく選んでおきたいですね。

今回はチャイルドシートの選び方から人気の売れ筋商品までを詳しくみていきましょう。

チャイルドシートの基礎知識

・チャイルドシートは義務化されている

6才未満の子供を車に乗せる場合には道路交通法でチャイルドシートの設置が義務化されており、使用しない場合はれっきとした違反になってしまいます。周知されているにもかかわらずチャイルドシートを使用していない家庭も多く、チャイルドシートを正しく使用しているのは全体の60%程度に留まっているのが実情です。

・チャイルドシート未装着の死亡率は4倍

チャイルドシートを正しく使用しているケースに対して未装着で事故に遭遇した場合の乳幼児死亡率は4倍にも跳ね上げるという統計が警察庁より発表されました。

ちょっとした衝撃でも車外へ放り出されることがある幼い子供の命を守るのは親の義務でもあり、チャイルドシートはたとえ出かける先が近所であってもしっかりと使用しましょう。

チャイルドシートは年齢に合わせて選ぶ!

チャイルドシートは6歳未満の子供が車に乗る際には必要となる安全装備ですが、子供の年齢や体格によって選ぶ種類が違います。

チャイルドシートは大まかに分けて数種類のタイプが存在し、それぞれのタイプの特徴をみていきましょう。

・新生児~乳児専用チャイルドシート(0歳~1歳前後)

まだ首のすわっていない生後まもない赤ちゃんを守るために作られたチャイルドシートで、寝かせたり深くリクライニングできる特徴があります。

また近年はチャイルドシートとしてだけでなくキャリーやバウンサーとして機能するタイプも登場してきました。

・幼児用チャイルドシート(1歳~4歳前後)

チャイルドシートのハーネスで子供の体を支えるタイプで、チャイルドシートと言えばこのタイプを思い浮かべる人が多い代表的な商品です。

・学童用チャイルドシート(4歳~10歳前後)

幼児用チャイルドシートでは小さく、自動車のシートに直接座ってもシートベルトが合わない子供に対して使用するタイプの商品です。

体格に合わせてアジャスター機能が付いていることで広い年齢幅に対応できますね。

・新生児~乳幼児兼用チャイルドシート(0歳~4歳前後)

前向きにも後ろ向きにも装着できるチャイルドシートで、構造上ゴツくて重いというデメリットも存在しますが、発売されているチャイルドシートの中で最も選ばれているタイプです。

・ISOFIXチャイルドシート

2012年7月以降に発売された自動車の大半に取り付け可能な新規格のチャイルドシートで、従来のチャイルドシートよりも安全かつ簡単に取り付けられるため人気が上昇しています。

チャイルドシートを賢く選ぶコツ!

今時のチャイルドシートは似たような機能を持つ商品が多くあるため、選ぶ時に悩んでしまう方も多くいらっしゃり、そんな時はポイントをしっかり絞って選ぶことで賢く商品を購入できます。

・賢く選ぶコツ①:ISOFIX

2012年7月以降に発売された自動車に装着可能な世界規格のチャイルドシートで、専用コネクターを使って簡単に取り付けできるのが特徴的です。

従来のシートベルトを使用するチャイルドシートとは違い、ISOFIXアンカーを使い安全性が高いのもいいですね。

・賢く選ぶコツ②:回転機能

座面が回転することで狭い駐車場での乗り降りも楽にでき、車内でおむつなどを交換する際にも好きな角度で世話ができるためとても便利と評判の機能です。

回転式チャイルドシートは今や無くてはならない機能の一つとして重要なポイントとなっています。

・賢く選ぶコツ③:ライフスタイルを考える

チャイルドシートは決して安い買い物ではないので子供の人数や出産予定によってどの商品を購入したら良いのか考えておきたいですね。

また安全性や使い勝手を向上させてくれるユーザビリティの面も考慮しておきましょう。

チャイルドシートブランド人気TOP3はこれだ!

チャイルドシートを選ぶ際に最もきになる人気ブランドベスト3を紹介していきますので購入の際の参考にしてくださいね。

・人気第1位:コンビ


<出典 : https://www.toysrus.co.jp/s/dsg-549743400>

日本で最もメジャーな赤ちゃん用品ブランドでもあるコンビ製チャイルドシートは、国内販売シェアも高く抜群の人気を誇っています。

回転式からISOFIX対応まで充実のラインナップと長く使えるタイプが売れ筋となっており「ネセルターン」は特に人気が高いモデルで2017年の販売実績も抜群でした。

・人気第2位:タカタ


<出典 : https://uridoki.net/child-safety-seat/kiji_60344/>

自動車メーカーの純正品としても扱われているタカタのチャイルドシートは、安全性が自動車メーカーから担保されている点が人気となっており販売数を伸ばしています。

衝突時に効果のあるサポートレッグなど子供のための機能が多く備わっているのが魅力的ですね。

・人気第3位:アップリカ


<出典 : https://auctions.yahoo.co.jp/search/search/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88+%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AB+%E5%9B%9E%E8%BB%A2/0/>

ベビー用品として人気の高いブランドで、チャイルドシートに関しても長年トップクラスの人気を誇り多くの方に愛用されてきました。

新生児向けチャイルドシートへのこだわりが強い傾向にあり、フラディアをはじめとした各モデルとも女性からの人気が高い特徴を持っています。

チャイルドシート選びの注意点!

チャイルドシートを選ぶ際に注意しておきたいことは、親の利便性だけを考えて商品を選ばないことに尽きるのではないでしょうか?

親の利便性と子供の安全性は決して比例するわけではないため、あくまで子供の安全性を優先すべきです。

今ではチャイルドシートもデザイン性が高く快適機能が充実しており安全装備品とは思えないほどの仕上がり具合となっています。

最適なチャイルドシートを選ぶ際には、デザイン性や機能性とともに子供にとっての安全性を考えて選んでみてくださいね。


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ