自動車ローン金利の計算では、実質年率とアドオン率の違いに注意!



<出典 : http://www.dxloan.com/itiran/netbankloan.html>

自動車ローンを組む際、金利の計算方法には「実質年率」と「アドオン率」という二つの計算方法があります。

一般的な金融機関が採用している金利の計算方法は「実質年率」で、元利均等返済や元金均等返済などの返済方法もこれに当たります。

(参考 自動車ローン金利の計算方法 元利均等返済と元金均等返済の違いは!

一方、一部のクレジットローンなどで見かけるのが「アドオン率」で、実はこの計算方法には大きな落とし穴があります。

ここでは実質年率とアドオン率の違いについて解説していますので、特にクレジットローンなどを検討している方は必ず理解しておきましょう。

実質年率の考え方と計算方法

「実質年率」の考え方を簡単にいうと、今現在のローン残高に対してその都度金利が計算されるというものです。

以下は実質年率の考え方に基づいた元金均等返済のイメージ図です。

元金均等返済では、毎月一定額の元金が減っていきます。

実質年率の考え方に基づくと、減った元金に対してそのつど金利を計算しますので、借入元金が減れば減るほど金利の額は下がっていくことになります。

以下は、ある前提条件の元で実質年率(元金均等返済)の考え方に基づいて金利を計算した時のシュミレーションです。

前提条件

  • 借入金額:200万円
  • 借入期間:1年
  • 返済日:毎月20日
  • 金利:3%(固定)
  • ボーナス払い:なし

シュミレーション結果

回数 返済額 元金 利息 借入残金
1 171,666 166,666 5,000 1,833,334
2 171,249 166,666 4,583 1,666,668
3 170,832 166,666 4,166 1,500,002
4 170,416 166,666 3,750 1,333,336
5 169,999 166,666 3,333 1,166,670
6 169,582 166,666 2,916 1,000,004
7 169,166 166,666 2,500 833,338
8 168,749 166,666 2,083 666,672
9 168,332 166,666 1,666 500,006
10 167,916 166,666 1,250 333,340
11 167,499 166,666 833 166,674
12 167,090 166,666 416 0
合計 2,032,496 2,000,000 32,496

シュミレーションを見ると、元金が減っていくにつれて、支払う金利が少なくなっているのが分かります。

一般的な金融機関などで金利が「年利○%」などと表記してある場合、ほとんどはこの実質年率の考え方に基づいて計算がされています。(元利均等返済と元金均等返済の2パターンがある)

ただ、実質年率は毎月金利の額が変動するため計算が複雑になり、電卓で計算するのではなく、計算ソフトなどを使って計算することが多いです。

アドオン率の考え方と計算方法

「アドオン率」の考え方を簡単にいうと、始めのローン残高に対して全期間の金利が計算されるというものです。

以下はアドオン率の考え方に基づいた返済のイメージ図です。

アドオン率の考え方に基づくと、始めの元金に対して金利を計算し、その金利が返済終了まで続くことになりますので、元金が減っても支払う金利は変わりません。

以下は、ある前提条件の元でアドオン率の考え方に基づいて金利を計算した時のシュミレーションです。

前提条件

  • 借入金額:200万円
  • 借入期間:1年
  • 返済日:毎月20日
  • 金利:3%(固定)
  • ボーナス払い:なし

シュミレーション結果

回数 返済額 元金 利息 借入残金
1 171,666 166,666 5,000 1,833,334
2 171,666 166,666 5,000 1,666,668
3 171,666 166,666 5,000 1,500,002
4 171,666 166,666 5,000 1,333,336
5 171,666 166,666 5,000 1,166,670
6 171,666 166,666 5,000 1,000,004
7 171,666 166,666 5,000 833,338
8 171,666 166,666 5,000 666,672
9 171,666 166,666 5,000 500,006
10 171,666 166,666 5,000 333,340
11 171,666 166,666 5,000 166,674
12 171,666 166,666 5,000 0
合計 2,060,000 2,000,000 60,000

アドオン率の計算は実に単純で、200万円の3%、すなわち6万円が年間に支払う金利となりますので、毎月の金利支払額は常に5000円です。

元金が減ったとしても金利の金額は変わりませんので、実質年率(元金均等返済)の考え方で計算をした時よりも支払う金利は多くなります。

クレジットローンの「年利○%」という謳い文句に注意!

ここまで実質年率とアドオン率の違いについて解説をしてきましたが、実質年率とアドオン率の考え方の違いによって、最終的な金利の支払額に大きな差がでるということが分かりました。

実質年率(元金均等返済)とアドオン率の比較

総支払額 金利支払額
実質年率 2,032,496 32,496
アドオン率 2,060,000 60,000

上記の例は1年返済ですが、返済期間が長くなったり、金利が高くなったりすると、この差はさらに広がることになります。

ここで注意しなければいけないのが、クレジットローンなどで「年利○%」などと謳っていても、実はそれがアドオン率での表記であるという場合です。

例えば上記の例の場合、同じ年利3%でも実質年率とアドオン率の考え方によって、支払う金利の額は全く違います。

クレジットローン等を組む際は、「年利○%」という表記に惑わされることなく、その金利が実質年率での計算なのか、それともアドオン率での計算なのかを必ず確認する必要があります。


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ