運転中にブレーキとアクセルを間違えないようにする対策!



<出典 : http://www.mashpeepiratepalooza.com/post/article-25784/>

車を運転する上で注意すべきことにアクセルワークとブレーキングがあり、アクセルとブレーキの踏み間違えは深刻で重大な結果を招きかねません。

交通事故のニュースを見ても年々多くなっているのがアクセルとブレーキの踏み間違えで、今回は踏み間違えが起こる要因と間違えないよにするための対策を詳しく解説していきます。

アクセルとブレーキを踏み間違える原因とは?

アクセルとブレーキを踏み間違える原因としては様々なことが考えられますが、主に注意力や判断力の低下が大きな要因になっています。

突発的な出来事が起こりブレーキを踏む必要がある場合に、あまりに突然の事で判断力が低下しアクセルとブレーキを間違えてしまうケースはよく耳にしますね。

また運転中の携帯電話の着信などは注意力の低下を招き、結果としてアクセルとブレーキの踏み間違えにつながってしまうことも報告されています。

アクセルとブレーキを踏み間違えた場合、運転者本人はそのことに気づいていない場合も多く、さらにブレーキを踏もうとしてアクセルを踏み込んでしまいがちです。

何故気づかないのか不思議に感じる人も多くいますが、どうして気づかないのか考えてみましょう。

踏み間違えてさらに加速してしまうのは何故?

オートマチック車の場合は右足だけでアクセルとブレーキの操作を行うのが一般的で、どちらも踏み込むという動作を必要とするペダルが並んでいるため年齢問わず踏み間違えは起こり得ます。

動体視力や反射神経が劣る高齢者ドライバーの踏み間違え事案が多いのは統計的には当然の結果と言えるのはないでしょうか。

店舗駐車場での踏み間違えも多く想定とは反対の車の動きに動転してしまったらドライバーに間違いを直す余裕は全くありません。

徐行時であっても頻繁なペダル操作で混乱し急加速してしまう事もよく起こっており、些細なことがきっかけとなりアクセルとブレーキの操作間違えは発生しています。

時として人の命をも脅かす事故を未然に防ぐために自動車メーカーも様々な対策を実施していますが、ドライバー自らも対策を講じる必要もありますね。

防止対策①:自助努力をしっかりと!

アクセルとブレーキを踏み間違えない対策としては、運転手自らが冷静に落ち着いて運転することを心掛ける必要があります。

その中でも運転中特に心掛けたい項目は2点あり、それをしっかり実践するだけでもリスクの低減につながりドライブをより楽しめるのも事実ですね。

【運転の姿勢は正しく】
踏み間違えによる事故を防ぐ自助努力の中で大きな重要度を占めるのが正しい運転姿勢で、意識的に行うことでアクセルとブレーキペダルの位置を常に一定に保ちズレるのを防ぐ効果があります。

【携帯電話はサイレントが望ましい】
運転時に突然の着信があると、携帯電話に気をとらわれヒヤッとした経験がありませんか。
アクセルとブレーキの踏み間違え時にも同様のことが言え、注意力が散漫になると運転時の事故リスクが上がってしまうため、携帯電話の電源は切っておくかサイレントモードにしておきたいですね。

防止対策②:衝突被害軽減ブレーキ

アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故を防止するために自動車メーカーは様々な技術を実用化し自動車に装備しました。

その代表的な技術が衝突被害軽減ブレーキで、アクセルを強く踏み込んでしまい人や障害物に衝突する危険があるときにブレーキで車を自動制御し衝突するリスクを低減してくれます。

ブレーキを自動制御する前には警告音でドライバーに深刻なリスクが迫っていることを知らせるため、仮に気づかずにペダルの踏み間違えをしたとしても状況を把握できますね。

車が前進するケースだけでなくバックする際にも衝突被害軽減ブレーキは機能するのでコンビニや店舗の駐車場から車を出す時に役立つシステムです。

自動ブレーキとも呼ばれる先進装備は2018年現在多くの新車に備わっているので、踏み間違えリスクに対して不安のある人にはおすすめと言ってもよいでしょう。

許返納もリスク回避の手段?

アクセルとブレーキの踏み間違えなど事故リスクに不安を抱える場合、特に高齢者を中心に行われてる運転免許証の自主返納も対策の一つとなるでしょう。

車を運転することからは離れることになりますが、事故を起こすリスクも無くなるため気持ち的にも楽になるのも事実です。

しかしながら現代の車社会の実情や住んでいるいる地域の実情を考えると、高齢者も含めて日常の生活で車を運転せざる負えない人も多いのが実際のところですね。

法的整備や先進技術に頼るのも一つの手ですが、アクセルとブレーキの踏み間違えを事前に回避するにはやはりドライバー自らが安全運転をしっかり心掛ける必要があります。

 


おすすめの無料一括査定はこちら!

私が愛車のプリウスを一括査定を使って査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の査定額に19万4000円もの差がつきました。

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定を受けることができ、かつ信頼できる会社のみが参加しているため安心です。

申込は45秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

⇒かんたん車査定ガイドへの依頼はこちら!



サブコンテンツ

このページの先頭へ